出店者

【出版社】

左右社

渋谷にある、亀のいる出版社です。人文書や文芸書を中心に、おもしろくて、読んだ人の人生をちょっと後押しできるような、そんな本作りを目指して邁進しております。当日は大人気の〆切本グッズや、ご来場者限定ノベルティーも!ぜひ遊びにきてください!


三輪舎

二〇一四年創業。「(三輪車は)走らなくても倒れない」を旗印に、五年かけて出来上がった本はたったの五冊。その遅さを誇りに、これからも無駄に時間をかけた本づくりを心がける。贈るように本をつくりたい。


STAND!BOOKS

東京・石神井公園の総合出版社。最新刊、寺尾紗穂『彗星の孤独』10月17日発売。パリッコ『酒場っ子』、中島岳志『保守と立憲』、サニーデイ・サービス/北沢夏音『青春狂走曲』、前野健太『百年後』を発売中。当日は貴重な著者直筆サイン本(限定数)を大放出予定!


大福書林

まだ美として意識されていないものや、まだ世によさを知られていないささやかでユニークな文化(アート、手仕事、信仰、思考など)を、紙の本ならではの形で紹介していきたいと考えています。どうぞお越しください。


小さい書房

“考えるきっかけになる本”をモット―に刊行しています。

絵本『せかいいちの いちご』ご購入の方にポストカード1枚プレゼント。特装版もあります。

新刊『大人のOB訪問』ご購入の方には驚きの?特典を用意しています。


TISSUE PAPERS

2017年、東京と福岡を拠点に設立されたTISSUE Inc. が運営する独立出版レーベル。インディペンデントに活動するアーティストとともにソフトタッチに攻めた本やプロダクトを作り、国内外の書店やアートフェア、ブックフェアなどに紹介します。


ナナロク社

2008年設立の出版社です。東京・旗の台という町で、詩集、写真集、エッセイ、マンガと、ジャンルはそれぞれですが、どの本もしっぽの先まで「詩心」がつまっています。会場にはサイン書籍を中心に。どうぞ手にとってご覧ください。


NUMABOOKS

ショップやライブラリから、紙の冊子やウェブサイトまで。本にまつわるあらゆるプロジェクトの企画編集やディレクションを行うNUMABOOKS。

2012年より、東京・下北沢にある新刊書店「本屋B&B」を経営しています。

2017年より、出版社「NUMABOOKS」をはじめました。


Baci

2016年にフリーランスの編集者、内田有佳が始めたブックレーベルです。「バーチ」と読みます。1冊目はイラストレーター安西水丸の作品集『ON THE TABLE』。2冊目は画家、今井麗の作品集『gathering』。1、2年に1冊のペースでアートブックを出版しています。


百万年書房

昨年9月に生まれたばかりの出版社です(代表・北尾修一)。既刊書籍は『なるべく働きたくない人のためのお金の話』『ブッダボウルの本』の2冊ですが、一部で限定販売したレアなZINE・グッズなど、当日は弊社ラインナップを全て販売します。お待ちしております。


タバブックス

「おもしろいことを、おもしろいままに本にして、きもちよくお届けする」をモットーに、人文・文芸・芸術・コミックなどさまざまジャンルで気になるテーマの本を刊行しています。年2回刊の「仕事文脈」をはじめ、当日はほぼ全点をご用意してお待ちしております!


【出版レーベル】

ELVIS PRESS(委託販売)

名古屋の本屋ON READINGによる出版レーベル。これまでに平野太呂、塩川いづみ、STOMACHACHEなどの作品集や「世界をきちんとあじわうための本」などをリリース。箕輪麻紀子作品集を今秋発売!


【似顔絵】

木下ようすけ

炭水の化物・イラストレーター木下ようすけが似顔絵を描いて、プラスアルファの要素としてその人の雰囲気を見てふさわしいなと思う「調味料」を勝手に名付けます。この日は限定で胴体を本にした似顔絵にしようかなと思ってます。


【アパレル】

途中でやめる

低価格低品質が売りだった途中でやめるですが、近頃クオリティ上がってるやんけ! バイトで手伝ってくれてる方が超優秀! 低価格維持しながらクオリティ上がっております。今回は山下陽光が不在ですが、ドギャンと託しておりますので、ジャンジャンご覧下さ〜い!